リフレとメンズエステは似ている

リフレとメンズエステは似ている

リフレやメンズエステは実際には全くの別業種ですが、かなり近いものがあるような気がします。まず、働く女性だけを考えると年齢層はまったく違います。リフレは20代前半でメンズエステは20代後半で割りと幅も広いです。共通点があるとするならば2点あります。「風俗店ではないこと」「こまかな風営法としての届出が不要なこと」です。本格的な指圧マッサージ等の医療行為に準ずるものであれば、その業種の届出は必要でしょう。しかし、リフレッシュしてもらう為の簡易的なサービスを提供しているに過ぎず、基本的にはグレーゾーンな分類になります。ですので、自然と肩揉みなどの行為が発生するだけなので、何も問題はないのです。例えば、美容院で肩をポンポンと叩いたり揉んだりとすることはお金を取る行為の中に含まれるサービスです。それと同じで、基本となるサービスの中に軽度の特殊な対応が含まれているだけです。要はリフレもメンズエステもサービスの方向性や度合いが違う程度で、寝そべったりしてもらいながら気分を変えてもらうという意味では大きな違いはないのです。そうなると、世の中には、リフレとメンズエステを同時に経営しながら女性従業員を相互に利用している人も多いでしょう。つまり、名前こそ違うものの結局はほぼ同じような事をしているに過ぎない業種なのです。世間一般のイメージや風潮を考えると、どちらのジャンルも非常に怪しいことは有名です。なぜならば派遣したり店舗スペースに誘導した後に、実際にどのような行為が行われているかに関しては全くの不透明な常用となる為です。いわば、風俗でいうところのホテヘルのようなジャンルと同じ状況となるわけです。しかし、逆の特殊パターンもあります。リフレやメンズエステを運営している会社自体がそもそも風俗店の届出を出しており、実態は真面目にリフレ・メンズエステを経営している場合です。ここもかなりグレーな状況にはなりそうですが、万が一にでも性的な行為が起きうる状況が発生したとしても、一旦セーフとなる可能性があります。そう考えると、風俗店ではないものの風俗店の枠組みに入って営業をしているお店が安定して営業をすることができるでしょう。こんな業種ですから、様々な方向からのアプローチも出来てしまうということなのでしょうね。

池袋リフレ【きゃらめるぽっぷこ~ん】添い寝/アロマ派遣型